こんにちわ。
雨だれ(あまだれ)書房は、新刊・古本の販売を中心に、イベント出店で活動をしています。実店舗はありません。

雨だれとは、軒先からおちる雨のしずくのことを言います。
その音に耳をすますと、まるで「自然」と「暮らし」が共にあることの息吹のようで、
なんだか深い呼吸をとりもどすことができます。

そんな雨粒も、
やがて土に染みこみ生きものをうるおし芽をそだて、いつしか一部となっていくように
一冊の本・本の中の一言が
誰かの心を耕し、小さな実りとなるような、そんなやさしい出会いのきっかけになったら
種まきおてつだいができたら、という思いから雨だれ書房は始まりました。

くらし、食、山、旅、音、文化などにまつわる、さまざまな人々の、それぞれの生き方や想いが詰まった本たちを中心にお届けします。

拠点は長野県松本市ですが、ちいさな旅をたのしみに各地へ出張いたします。
(出店のお誘いもcontactページより受け付けております。)